新着情報

≫2022/9/6

たっくすふぁっくすNEWSのページを更新しました。


≫2022/9/6

今月の1ポイントPRのページを更新しました。


2022/9/6

原田会計マンスリー情報のページを更新しました。


2022/7/23
第29回 原田会計 経営者塾(Web配信)は終了しました。(7月11日、7月15日、7月21日
開催)詳しくは経営者塾案内をご覧ください。


facebook
原田公認会計士・税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
関東信越税理士会
竜ヶ崎支部所属

原田会計マンスリー情報

2022年9月号

今月のご案内

●IT導入支援事業の募集回が追加されました!

●社会保険改正のご案内

●早期経営改善計画策定支援(ポスコロ事業)のご案内

●何から始める?!インボイス制度への具体的な対応方法とは?

●新型コロナウイルス関連情報の補助金のご案内

●特例事業承継税制のご案内

●「経営支援セミナー」のご案内

●Q&A経営相談

●システム関連のご案内

●季節の話題(豆知識)


※当事務所HPでは、新型コロナウイルスの資金繰り対策として各支援策の詳細を随時追加掲載しています。ぜひ、ご確認ください。

「新型コロナウイルス 経営支援情報・資金繰り対策コーナー」
 HP:https://www.harada-kaikei.com/tkc-corona

IT導入支援事業の募集回が追加されました!

★「サービス等生産性向上IT導入支援事業」のご案内

※本年の「サービス等生産性向上IT導入支援事業」(IT導入補助金)の交付申請の募集回が追加され、交付申請の最終締切が8月8日(月)から10月3日(月)に変更となりました。申請を検討されている場合は、当事務所までお問合せください。

 経済産業省の「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」は、中小企業者等におけるITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入費用の補助を通じて、中小企業者等の生産性向上を目的とする事業です。
 IT導入補助金を利用すると、システム導入費用の2分の1から4分の3(上限額:450万円 下限額:5万円)が補助されます。
 当事務所が提供する会計システム、給与システム、販売管理システムの新規導入コストも補助対象になります。インボイス制度への万全な対応と貴社の経理業務の効率化・デジタル化に向けて、当補助金の活用をぜひご検討ください。
 補助金の申請について、当事務所がサポートいたします。

 詳細は、当事務所HPをご覧ください。
 HP:https://www.harada-kaikei.com/tkc-it-hojo

 詳しい内容は、当事務所の担当者にお気軽にお尋ねください。

社会保険改正のご案内

★社会保険の適用範囲拡大の準備は万全ですか?

 いよいよ10月から段階的に一部のパートやアルバイトの社会保険(健康保険・厚生年金保険)への加入が義務化されます。

 加入義務の対象となる企業の従業員数(現在の厚生年金保険の適用対象者数)と適用時期は以下のとおりです。

現在      :501人以上
2022年10月~:101人以上
2024年10月~:  51人以上

 対象企業は、加入対象者の把握、社内周知や書類の作成・届出などの準備が必要です。

 詳しい内容は、当事務所の担当者にお気軽にお尋ねください。

早期経営改善計画策定支援(ポスコロ事業)のご案内

★ポストコロナ持続的発展計画事業の利用をご検討ください

 当事務所では、貴社の収益力改善のご支援として、ポストコロナ持続的発展計画事業(ポスコロ事業)の利用をご案内しています。

■ポストコロナ持続的発展計画事業(ポスコロ事業)
 https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/saisei/04.html
 【補助額の上限】35万円

 国が認定した専門家(認定支援機関)の支援を受け、資金計画やビジネスモデル俯瞰図、アクションプランなどの経営改善計画を策定する場合、
 専門家に対する支払い費用の3分の2を国が補助します。
 ※令和4年4月1日の見直しにより補助対象が拡充されています。
(1)計画策定支援
(2)伴走支援(期中)
(3)伴走支援(決算期)
(4)経営者保証解除」を目指した金融機関交渉

 借入金の返済負担等、金融支援を伴う本格的な経営改善の取組が必要な場合は、経営改善計画策定支援(405事業)の利用をご案内しています。

■(405事業)
 経営改善計画策定支援
 https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/saisei/05.html
 【補助額の上限】700万円

 いずれの制度も、認定支援機関である当事務所が、利用申請、計画策定・提出、支払申請などをご支援します。

 また、過去にポスコロ事業、405事業を利用した事業者でも、新型コロナウイルス感染症、ウクライナ情勢又は原油価格の高騰等によって影響を受
け業況が悪化した場合、2022年度中に1回に限り利用申請が可能です。

 制度の申請を検討されている方は、当事務所の担当者にご相談ください。

何から始める?!インボイス制度への具体的な対応方法とは?

★インボイス制度への対応方法を冊子と動画でご紹介しています

 令和5年10月1日からインボイス制度が導入されます。請求書等の記載要件が増えるだけでなく、仕入税額控除などにも影響があり、事前準備が必要です。
 まずは自社発行請求書の対応について準備するため、当事務所では関与先様に冊子「電子取引・インボイス対応ワークブック vol.2」をご案内しています。

 ≪電子取引・インボイス対応ワークブック vol.2の目次≫
  第1章:自社発行請求書のインボイス対応
  第2章:免税事業者の取扱い
  第3章:取引先別管理のすすめ

 この「電子取引・インボイス対応ワークブック vol.2」の解説動画は、当事務所HPトップの「TKC経営支援セミナー」バナーから視聴いただけます。ぜひ、ご覧ください。

新型コロナウイルス関連情報の補助金のご案内

★事業再構築補助金(8月下旬に第7回申請が開始予定)

 新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編またはこれらの取組を通じた規模の拡大等を目指す企業に対して補助金が支給されます。
【補助額】100万円~1.5億円

第7回公募期間:令和4年7月1日(金)~令和4年9月30日(金)
※申請は8月下旬に開始予定とされています。

申請サイト:https://jigyou-saikouchiku.go.jp
※申請には、事前にGビズIDプライムアカウントの取得が必要です。

 公募要領や、事業再構築の定義等(事業再構築指針、事業再構築指針の手引き)については、以下のページで案内されています。

  1. 公募要領(第7回)
    https://jigyou-saikouchiku.go.jp/pdf/koubo007.pdf
  2. 事業再構築の定義等
    ◆事業再構築指針(経済産業省)
     https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/pdf/shishin.pdf
    ◆事業再構築指針の手引き(経済産業省)
     https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/pdf/shishin_tebiki.pdf

 申請には「認定経営革新等支援機関と事業計画を策定」することが必要です。当事務所は「認定経営革新等支援機関」の認定を受けています。
 申請を検討されている方は、当事務所の担当者にお尋ねください。

特例事業承継税制のご案内

★「特例承継計画」の提出期限は令和6年3月31日です!

 令和4年度税制改正により、「特例承継計画」の申請(提出)期限が1年延長(期限:令和6年3月31日)されています。
 特例事業承継税制とは、事業承継時の税負担を大幅に軽減できる制度です。
「特例承継計画」を提出しておけば制度を活用できるので突然の相続でも安心です。

 当制度の適用を受けるためには、令和6年3月31日までに認定経営革新等支援機関の指導や助言を受けて「特例承継計画」を都道府県に提出する必要があります。認定経営革新等支援機関である当事務所がご支援します!
 また、金融機関やコンサル会社等から事業承継に関する提案を受けた際は、貴社の顧問会計事務所として提案内容を一緒に吟味させていただきます。ぜひ、ご一報ください。

「経営支援セミナー」のご案内

★「経営支援セミナー」をWeb開催します!是非ご視聴ください ~当事務所は貴社の経営支援に取り組みます!~

 当事務所では、経営者や経営幹部の皆様をご支援するため、経営支援セミナーを開催します。今年も、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、Webでの開催といたしました。ライブ配信ではありませんので、お好きな時間にご視聴いただけます。当事務所HPより是非、ご視聴ください。

【開催概要】
 ■配信開始日
  11月20日(土)~
 ■当事務所HP
  https://www.harada-kaikei.com/tkc-seminar2021movie
 ■参加費用
  無料
 ■プログラム

  1. 【電子帳簿保存法】まったなし!令和4年1月1日から帳簿や請求書等の保存方法がこう変わる!
    令和4年1月1日に電子帳簿保存法が改正され、電子取引データの電子保存が求められます。「これも電子取引!?」というものも多くあります。「電子取引」の保存方法を中心に、「スキャナ保存」「電子帳簿」のポイントも解説しています。
  2. 【インボイス制度】先手必勝!消費税対応はまず事業者登録から
    令和5年10月1日からインボイス制度が導入されます。
    当制度の仕組みや制度導入までのスケジュール、事前準備事項などについて解説しています。
    「適格請求書発行事業者」の登録申請は当事務所におまかせください
  3. 何から始める?!インボイス制度への具体的な対応方法とは?
    インボイス制度について、準備すべきことや必要な対応に"ついて解説しています。
    『電子取引・インボイス対応ワークブック(Vol.2)』をお手元にご用意の上、ご視聴ください。
    ※『電子取引・インボイス対応ワークブック(Vol.2)』については、当事務所にお問合せください。

Q&A経営相談

★Q&A経営相談

 様々な経営の疑問を、Q&A方式でご紹介しています。

▼時間外労働の割増賃金率引き上げ
Q 2023年4月から時間外労働の割増賃金率が改定されると聞きました。
 割増賃金の計算方法や準備しておくべき事柄を教えてください。(機械設計業)

▼ネガティブな口コミへの対応方法
Q Googleマップの口コミで悪評を書き込まれました。削除することはできますか。またできない場合はどのように対応したらよいでしょうか。(飲食店)

 Q&Aの続きは、当事務所HPをご覧ください。
 HP:https://www.harada-kaikei.com/tkc-management-qa

システム関連のご案内

★「FXクラウドシリーズ」レベルアップのご案内

 FXまいスタークラウド(法人用・個人用)には、見積から売上・請求・入金まで、販売に関する一連の業務を管理できる「販売管理機能」を搭載しています。当機能により、事務負担を軽減できます!

例えば・・・

  • 売上伝票に基づいて、納品書・請求書を自動で作成
  • 売上(入金)伝票の作成と同時に仕訳を自動計上
  • 入金消し込みも簡単に

<対応システム>

  • FXまいスタークラウド(法人用・個人用)
  • FX2クラウド(法人用・個人用)(2022年10月搭載予定)

 当事務所の担当者にお気軽にお尋ねください。

★「FXクラウドシリーズ」のご案内

 FXクラウドシリーズは、経営に活かせる戦略情報をタイムリーに提供し、迅速な意思決定を支援するクラウド会計ソフトです。
 当事務所がきめ細やかにサポートさせていただき、貴社の「財務経営力」と「資金調達力」の強化をご支援します。

<ここをサポート!>

  • 社長の戦略的な意思決定を強力にサポート
  • 当事務所から安心のサポート
  • 金融機関との信頼関係の構築をサポート
  • 経理事務の省力化をサポート
  • 安全・安心・便利なシステム運用をサポート

 電子取引データ(※)の電子保存義務化にも簡単に対応できます!
※メールやWebサイト上で取得した請求書や領収書等のことを差します。
 FXクラウドシリーズでは、電子取引データの保存機能(証憑保存機能)を標準搭載しているので、追加のソフト導入は不要です。
 また、保存した取引データは仕訳入力に活用できます。

 企業規模に応じたラインアップをご用意しています。貴社に最適なFXクラウドシリーズをご提案します!

 当事務所の担当者にお気軽にお尋ねください。

★SMS緊急情報サービスへ携帯番号の登録はお済ですか?

 「SMS緊急情報サービス」は、大規模な通信障害の発生や復旧情報を、スマートフォンや携帯電話にSMS(ショートメッセージサービス)でご案内する無料サービスです。
 従来、システム障害の緊急連絡先はメールアドレスのみでした。これに加え、携帯番号を登録いただけます。
 緊急連絡先に携帯番号をご登録いただくことで、TKCのクラウドサービスに接続できない等の通信障害をSMSで受信できるため、即座に把握できます。

<対応システム>

  • e21まいスターメニュー
  • TKC戦略経営者メニュー21
  • FXクラウド(FX2クラウド、FXまいスタークラウド)

 詳細は、各システムの「TKCからのお知らせ」をご覧ください。

★「動画でわかる!経営者の四季」のご案内

 月刊誌『経営者の四季』に掲載された内容の一部を、動画で当事務所HPにて紹介しています。ぜひご覧ください。
 HP:https://www.harada-kaikei.com/tkc-shiki

<掲載動画>
■ウィズコロナ時代の中小企業のマーケティング
Vol.4 「引き算」のマーケティング(New!)
株式会社タケマン 様

Vol.3 「シンボル商品」で存在感アップ!
Vol.2 小規模を「チカラ」に変えるマーケティング
Vol.1 マーケティングの発想とは何か?

■中小企業成長のカギは「SDGs」にあり!
Vol.6 SDGsを社内に根づかせよう
Vol.5 SDGsの「実践のカベ」を乗り越えよう
Vol.4 SDGsを企業価値向上につなげよう
Vol.3 SDGsで組織を活性化しよう
Vol.2 SDGsを競争力強化につなげよう
Vol.1 SDGsで新たなビジネスチャンスを創出

■本当に大切な商売の原点 渋沢栄一が経営者へ贈ることば
Vol.6 事業の目的は何かを問う
Vol.5 信頼の源泉は「実行力」にあり
Vol.4 社員が安心して働ける環境をつくる
Vol.3 自ら行動し、道を切り拓く
Vol.2 逆境でも自分にできる努力を
Vol.1 「日々新たに」の気持ちで挑戦する

■ドラッカーに学ぶ 自社の経営を考えるヒント
Vol.6 トップが必要な情報とは何か
Vol.5 資金繰りとは何か
Vol.4 コストとは何か
Vol.3 利益とは何か
Vol.2 なぜ、お客様は貴社から買わなければならないのか?
Vol.1 環境変化への対応「変化しないと生き残れない」

 今後も動画を追加していきますので、ぜひご覧ください。
 月刊誌『経営者の四季』のご購読については、当事務所にお問合せください。

【月刊誌『経営者の四季』とは】
 『経営者の四季』は、当事務所が提供する経営情報誌です。独自の技術やサービスで差別化を図っている企業や、低迷する業界の中で成長を続けている企業の事例など、中小企業経営者の課題解決につながる「経営のヒント」を分かりやすく紹介しています。

季節の話題(豆知識)

★防災の日

 9月1日は「防災の日」です。
 台風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波等の災害についての知識を深め、これに対処する心構えを準備する日として制定されました。
 この日を含む1週間を「防災の週間」としています。
 防災グッズや、食料品等の備蓄の準備も必要ですが、集合場所や、避難方法についてもご家庭で確認しておきましょう。

◇「防災の日」及び「防災週間」について(内閣府)
 https://www.bousai.go.jp/kyoiku/week/bousaiweek.html

◇防災の日・防災週間はいつ?地震・台風・停電・備蓄など防災対策をまとめて紹介!(東京ガス)
 https://tg-uchi.jp/topics/7422

★災害時の被害を減らす日頃の備えとは?

 地震、津波、台風など自然災害は思わぬときにやってきます。
 近年、防災や減災に関する地域ぐるみの取組に対し、積極的に参加・協力する企業や、企業の社会的責任(CSR)の一環として、防災や減災に取り組む企業が増えています。
 日頃から防災対策をしておくことで、被害を少なくすることができます。
自分の身を守るために一人ひとりが取り組みましょう。

◇防災情報のページ(内閣府)
 http://www.bousai.go.jp/index.html

◇災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~(首相官邸)
 https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html

◇防災の手引き~いろんな災害を知って備えよう~(首相官邸)
 https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/index.html

★宇宙の日

 毛利衛氏が日本人として初めてスペースシャトル(エンデバー)で宇宙に飛び立った9月12日を「宇宙の日」として、国際宇宙年であった1992年に制定されました。
 最近では、2021年度の宇宙飛行士の募集要項が緩和されるなど、大きな話題となりました。日本での募集は、実に13年ぶりであったようです。
 宇宙というと別世界のような気がする方も多いかもしれません。この機会に宇宙を体験して、もっと身近に感じてみませんか?

◇ファン!ファン!JAXA!(JAXA)
 https://fanfun.jaxa.jp/feature/spaceday.html

◇日本科学未来館
 https://www.miraikan.jst.go.jp/

◇岐阜かかみがはら航空宇宙博物館
 http://www.sorahaku.net/

★秋の全国交通安全運動

 令和4年秋の全国交通安全運動(9月21日~30日)は、以下を全国重点として、普及啓発活動が全国各地で一斉に行われます。

  1. 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全確保
  2. 夕暮れ時と夜間の歩行者事故等の防止及び飲酒運転の根絶
  3. 自転車の交通ルール遵守の徹底

 みなさん一人ひとりが交通安全について考え、みなさんの行動で悲惨な交通死亡事故をゼロにしましょう。

◇交通安全対策(内閣府)
 https://www8.cao.go.jp/koutu/

◇交通安全運動の推進(警察庁)
 https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/anzen/suishin.html

◇夕暮れ時に歩行者が死亡する交通事故が多発!
 この時間帯の交通事故を防ぐには?(政府広報オンライン)
 https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201711/1.html

◇知ってる?守ってる?自転車利用の交通ルール(政府広報オンライン)
 https://www.gov-online.go.jp/featured/201105/index.html

★敬老の日

 現在の「敬老の日」は、1947年、兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)で始まった「としよりの日」が起源とされています。
 当時、村では「老人を大切にし、お年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨のもと、1947年から、農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開くようになりました。
 これがもとになり、1954年には国民の祝日として制定され、全国で祝うようになりました。しかし、「としより」という呼び方はどうにかならないか、ということで各方面から異議が挙がり、「老人の日」にいったん改名されました。やがて「国民の祝日法」が改正されることとなった1966年に国民の祝日と制定された際に、現在の「敬老の日」と名称が改められました。
 2003年からはハッピーマンデー制度により9月の第3月曜日が「敬老の日」となっています。
 なお、起源としての諸説には、聖徳太子が悲田院(ひでんいん)という身よりのない老人や病人、貧しい人たちを救うための施設を開いた日にちなんで制定されたという説や、元正天皇が717年に年号を「養老」とし、養老の滝に御幸した日であるという説などがあります。
 お年寄りをいたわり、感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。

★白露(はくろ)

 白露(はくろ)は二十四節気の一つで、9月8日ごろおよびこの日から秋分までの期間をいいます。「大気が冷えてきて、露が出来始める頃」「野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃」「朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める頃」とされています。
 夏の暑さも一段落し、季節の変わり目を感じることも多くなりました。気温の変化に体調を崩さぬようご自愛くださいませ。

★秋分(しゅうぶん)

 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、ようやくしのぎやすい気候となる秋分は、春分と同じく昼の長さと夜の長さが同じになる日です。
この頃太陽は真東から昇り、真西に沈みます。沈んだ方角に極楽浄土があるといいます。人間が生活しているこの世を此岸(しがん)というのに対し、極楽浄土のある所が彼岸(ひがん)だそうです。この日を境に夜の方が長くなって、夜長の季節へと移っていきます。
 また、秋分は「秋分の日」ともいい、国民の祝日の一つにもなっています。
今年の秋分の日は9月23日(金)です。

★十五夜(じゅうごや)

 十五夜は「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」とも呼ばれ、「秋の真ん中に出る月」という意味があります。「秋の真ん中」とは「9月7日から10月8日の間で、満月が出る日」とされています。今年は9月10日です。
 地域によって違いはありますが、お月見にはお供えをするのが決まりです。
 お供えには1つひとつに意味があります。

すすき…ススキは秋の七草の1つです。白い尾花が稲穂に似ている、また、魔除けになるとも言われ、供えるようになりました。

月見団子…丸い団子を月に見立て、15個をピラミッドのように積んで供えます。

農作物…里芋、栗、豆など収穫されたばかりの農作物を供え、豊作に感謝します。中でも里芋を供えるのが一般的で、「中秋の名月」は「芋名月」とも呼ばれています。

2022年8月号

「2022年8月号」はこちら

2022年7月号

「2022年7月号」はこちら

2022年6月号

「2022年6月号」はこちら

2022年5月号

「2022年5月号」はこちら

2020年6⽉号

「新型コロナ対策支援情報6月号」はこちら

2020年5⽉号

「新型コロナ対策支援情報5月号」はこちら