新着情報

2021/1/20

今月の1ポイントPRのページを更新しました。


2021/1/20

たっくすふぁっくすNEWSのページを更新しました。


2021/1/14

TKC経営支援セミナー2020のオンデマンド配信を開始しました!(無料)


2021/1/6

お知らせのページを更新しました。


2020/12/17

お知らせのページを更新しました。


2020/10/17
第22回 原田会計 経営者塾(Web配信)は終了しました。(10月14日開催)詳しくは経営者塾案内をご覧ください。


2020/8/6

採用情報(インターンシップ)のページを更新しました。


2020/4/30

お知らせのページを更新しました。


20204/13
第21回 原田会計 経営者塾については中止とさせていただきます。(4月15日開催)詳しくは経営者塾案内をご覧ください。


2020/3/30
第21回 原田会計 経営者塾のお知らせを更新しました。(4月15日開催)詳しくは経営者塾案内をご覧ください。


2020/3/12
第21回 原田会計 経営者塾を開催いたします!(4月15日開催)詳しくは経営者塾案内をご覧ください。


2020/1/16

職員紹介のページを更新しました。


facebook
原田公認会計士・税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
関東信越税理士会
竜ヶ崎支部所属

原田会計マンスリー情報

2020年12⽉号

 今月のご案内

★年末調整のご案内

★新型コロナウイルス関連情報のご案内

★「経営支援セミナー2020」のご案内

★Q&A経営相談

★システム関連のご案内

★季節の話題(豆知識)

 ※当事務所HPでは、新型コロナウイルスの資金繰り対策として各支援策の詳細を随時追加掲載しています。是非、ご確認ください。

 「新型コロナウイルス緊急資金繰り対策コーナー」
  HP:https://www.harada-kaikei.com/tkc-corona

年末調整のご案内

★冊子「令和2年分年末調整 改正への実務対応」(PDF)をご提供中です!

 令和2年分年末調整では、税制や申告書が大幅に変更されます。このため、これらの改正点や注意点、さらにはPXまいポータルを利用した年末調整業務の効率化をまとめた冊子「令和2年分年末調整改正への実務対応」(PDF)をご提供しています。当事務所HPのトップページからダウンロードいただけます。
 ぜひ、ご活用ください。
 HP:https://www.harada-kaikei.com/

 また、詳しい内容は、当事務所の担当者にお尋ねください。

新型コロナウイルス関連情報のご案内

★雇用調整助成金の特例措置等の延長が、厚生労働省から公表されました

 12月末に期限を迎える雇用調整助成金の特例措置、緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について、令和3年2月末まで延長すると厚生労働省HPで案内されました。また、新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の対象期間も令和3年2月末まで延長する予定と案内されました。

■雇用調整助成金の特例措置等を延長します(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/enchou210228_00003.html

■新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の対象期間の延長について(厚生労働省)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15079.html

★日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症特別貸付」等による借入を行った事業者は、特別利子補給の申請が必要です

 日本政策金融公庫や商工組合中央金庫等から「新型コロナウイルス感染症特別貸付」等による借入を行った事業者は、特別利子補給の申請が必要です。
 対象の事業者には日本政策金融公庫等から申請書類が送付されています。
 送付物をご確認の上、申請をお願いいたします。申請は、オンライン申請と書面による申請があります。
 申請期限は、令和3年12月31日(木)です。詳細は、以下のサイトをご確認ください。

【新型コロナウイルス感染症特別利子補給事業】
 https://tokubetsu-riho.jp/newapply

★【小規模企業共済に加入されているお客さま】「小規模企業共済制度の特例緊急経営安定貸付け」利用可能期間が延長されています

 「小規模企業共済制度の特例緊急経営安定貸付け」の利用可能期間が、令和3年3月31日貸付分まで延長されています。

 小規模企業共済制度の特例緊急経営安定貸付けは、新型コロナウイルス感染症の影響で、1か月の売上高が前年又は前々年度の同期と比較して5%以上減少した小規模企業共済に加入されているお客さまを対象に実施しています。掛金の範囲内で2,000万円を上限に無担保、無利子、保証人なしで借り入れできます。

 申し込みをご検討されている方は、当事務所の担当者にお尋ねください。

★TKC戦略経営者メニュー21等の、「必見!緊急資金繰り・給付金情報」コーナーを更新しました。

 TKC戦略経営者メニュー21等の、「必見!緊急資金繰り・給付金情報」コーナーに、『戦略経営者』令和2年12月号の「新型コロナウイルス特集記事」を掲載しました。特集では、コロナ禍のなか資金繰り対策や経営改善に取り組む中小企業の事例を紹介しています。是非、ご参照ください。

■『戦略経営者』令和2年12月号「新型コロナウイルス特集記事」

【特集1】実践 新しい働き方

 コロナ禍が後押ししているものの、いまだに定着が進まない「新しい働き方」。
 知恵と工夫を総動員しながらテレワーク、ダブルワーク、変形労働時間制など多彩な働き方を模索する中小企業の事例をご紹介します。

【特集2】オフィスはこう変わる
 働き方の変化にともない、広がりつつある「ワークプレイス」見直しの動き。
 感染防止を図りつつ、チームワークを損ねないオフィスのあり方を探ります。

Q&A経営相談

★Q&A経営相談

 様々な経営の疑問を、Q&A方式でご紹介しています。

▼部下から「リモハラ」と指摘されないためには
Q 会議や打ち合わせをオンラインで行う機会が増えています。「リモートハラスメント」という言葉があるそうですが、実態と対策を教えてください。(広告業)

▼子の看護・介護休暇が時間単位で取得可能に
Q 子どもの看護や介護による休暇に関するルールが変わると聞きました。会社での対応について教えてください。(訪問介護事業)

 Q&Aの続きは、当事務所HPをご覧ください。
 HP:https://www.harada-kaikei.com/tkc-management-qa


システム関連のご案内

★「FXクラウドシリーズ」のご案内

 FXクラウドシリーズは、経営に活かせる戦略情報をタイムリーに提供し、迅速な意思決定を支援するクラウド会計ソフトです。
 当事務所がきめ細やかにサポートさせていただき、貴社の「財務経営力」と「資金調達力」の強化をご支援します。

<ここをサポート!>

  • 社長の戦略的な意思決定を強力にサポート
  • 当事務所から安心のサポート
  • 金融機関との信頼関係の構築をサポート
  • 経理事務の省力化をサポート
  • 安全・安心・便利なシステム運用をサポート
 企業規模に応じたラインアップをご用意しています。貴社に最適なFXクラウドシリーズをご提案します!

★「TKCシステムまいサポート」のご案内
 ~TKCシステムの操作・設定方法を専門スタッフが回答します!~

 TKCシステムまいサポートは、TKCシステムの操作方法や設定方法に関する貴社からのお問合せに、株式会社TKCの専門スタッフが回答するサービスです。
 当サービスの概要やお申込み方法をご紹介した動画をご覧いただけます。
ぜひ、ご覧ください。

◇「TKCシステムまいサポート」ご紹介動画(再生時間:2分8秒)
 https://www.tkc.jp/movie?a-BN-WQ02BQ

 当サービスは、巡回監査時にお申込みいただけます。
 詳しい内容は、当事務所の担当者へお気軽にお尋ねください。

★「Windows 7」搭載パソコンでのTKCシステムご利用のご注意

 マイクロソフト社は、Windows 7のサポートを令和2年1月14日をもって終了しました。そのため、Windows 7はセキュリティのリスクが非常に高くなっています。
 また、Windows 7パソコンへのTKCシステムの登録・更新は、令和3年1月1日以降は実施できません。
 つきましては、システムを安全、安心、快適にご利用いただくためにも、速やかにWindows 10搭載パソコンに入れ替えてくださいますようお願いいたします。


季節の話題(豆知識)

★令和元年度「ウォームビズ」について

 環境省では平成17年度から、冬の地球温暖化対策の一つ(CO2を始めとする温室効果ガス排出量の削減)として、暖房時の室温20℃で心地良く過ごすことのできるライフスタイル「WARM BIZ」(ウォームビズ)を推進しています。
 ウォームビズ期間は「11月1日から令和3年3月31日まで」です。
 エネルギー全般の使い方を見直しながら、各主体が低炭素社会の構築に向けたビジネススタイル・ライフスタイルに変革することを目指しましょう。

◇WARM BIZ(環境省)
 https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/warmbiz/

★インフルエンザ

 毎年、冬から春にかけてインフルエンザが流行します。
 季節性のインフルエンザはもちろん、新型も流行の可能性はあります。予防対策をしっかり実施しましょう。

◇インフルエンザ(総合ページ)(厚生労働省)
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/index.html

◇インフルエンザの感染を防ぐポイント(政府広報オンライン)
 https://www.gov-online.go.jp/useful/article/200909/6.html

◇新型インフルエンザ(政府広報オンライン)
 https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201811/2.html

★今年の大掃除

 毎年、年の瀬が迫るたび大掃除に追われる方も多いでしょう。
 あっちも、こっちも、全部できればいいけれど、手つかずで終わってしまう所も少なくありません。
 短期間でできるワザ、しつこい汚れもスッキリするプロ直伝掃除のコツをご紹介します。

◇大掃除特集(All About)
 http://allabout.co.jp/aa/special/sp_housecleaning/

★飲酒運転は絶対にしないでください

 2001年より危険運転致死傷罪が新設され、飲酒運転による死亡事故が減ったとされていますが、「刑罰が重いから」「罰金が高いから」という理由で事故が減ったのであれば、それは根本的な解決にはなっていないのではないでしょうか。
 これから忘年会、新年会のシーズンとなりお酒を飲む機会も増えるかと思います。飲酒運転がいかに危険かということ、誰もが加害者・被害者になる可能性があるという事をしっかり認識しましょう。
 車を運転する以上「自分は大丈夫」ということはありません。事故に遭ってからでは遅いのです。

◇飲酒運転は絶対に「しない!」「させない!」みんなで守ろう 3つの約束
 (政府広報オンライン)
 http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201312/1.html

◇みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」(警察庁)
 https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/insyu/info.html

★挨拶回り

 年末年始、挨拶周りでお客様や取引先に訪問する機会があると思います。
 一年間の感謝を示す大事な機会ですので、先方に失礼が無いよう、訪問前にビジネスマナーを確認しておきましょう。

◇年末年始の挨拶回りで営業必須のアポイント・お歳暮マナー(ビズパーク)
 https://careerpark.jp/19922

★神社でのお参りのいろは

 年末年始、神社へお参りに出かけることが多くなるこの時期。
 参拝方法が曖昧で、いつも戸惑ってしまう・・・そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 参拝方法も大切ですが、それぞれの作法の意味を理解することが重要です。
 改めて、理解を深めてからお参りされてはいかがですか。

◇神社本庁
 http://www.jinjahoncho.or.jp/

★師走(しわす)

 12月は年末で皆忙しく、普段は走らない師匠さえも走ることから、これが「師走(しはす)」になったというのが、一般的な「師走」の由来ですが、他にもさまざまな説があるようです。
 師は法師(お坊さん)であるとし、法師がお経をあげるために、東西を馳せる月と解釈する「師馳す(しはす)」という説。「年が果てる」という意味で「年果つる月(としはつるつき)」が「しはす」に変化したとする説。「一年の最後になし終える」という意味で「為果つ(しはつ)」から「しはす」に変化したとする説等があるようです。
 英語のDecember(ディセンバー)は、「10番目の月」の意味。12月なのに10番目なのは、ローマ暦が3月起算で、3月から数えて10番目だからだそうです。たしかにdecaは10の意味ですし、decadeは10年とか10個という意味ですね。
 最後の1ヶ月、ラストスパートで今年の仕事は今年のうちに。新たな気持ちで新年を迎えたいものです。

★大雪(たいせつ)

 「大雪(たいせつ)」は二十四節気の一つであり、12月7日頃、またはこの日から冬至までの期間をいいます。日の暮れるのは、一年で一番早い頃です。
 大雪とはいうものの、日本の大部分ではまだ稀に風花(かざはな→雪の小片)が舞う程度です。しかし、本格的な冬支度をしていないと、意外と寒さを強く感じます。特に木枯しの日には身にこたえます。この頃になると九州地方でも氷が張ります。またこの頃は旧暦ではまだ11月ですので、時にはポカポカと暖かい小春日和の日もあって、ホッとします。
 街はクリスマスの飾りでにぎやかになる頃ですね。

★冬至(とうじ)

 「冬至(とうじ)」は二十四節気の一つであり、12月22日頃、またはこの日から小寒までの期間をいいます。
 北半球では太陽の高さが一番低くなり、したがって物の影が一番長くなります。この日は一年で最も夜である時間が長いということになります。そのため、昔の人々は生命の終わる時期だと考えていたようです。現在でもその厄を払うために、かぼちゃやお汁粉を食べ体を温めることで栄養をとり、無病息災を願う風習が続いています。

★除夜の鐘

 除夜の鐘(じょやのかね)とは、12月31日の除夜(大晦日の夜)に全国のお寺で108回つかれる鐘のことで、中国の宋の時代に始まった仏教行事に由来し、江戸時代以降盛んに行われるようになりました。
 除夜の鐘は、108回つくのがならわしですが、この回数には諸説あります。眼・耳・鼻・舌・身・意の六根のそれぞれに好・悪・平があって18類、この18類それぞれに浄・染の2類があって36類、この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、人間の煩悩の数を表すという説。 1年間の季節分類を総合した表現で、月の数の12、二十四節気の数の24、七十二候の数の72を足した数が108となり、1年間を表すという説。
 鐘をつく前には鐘に向かって合掌し、旧年中に107回つき、新年を迎えてから108回目をつくのが正式といわれています。

★年越しそば

 年越しそばは、大晦日の夜に行う年越しの行事を総称して年取り、またはお年取りということから「年(歳)取りそば」ともいうそうです。
 年越しそばのいわれは色々な説がありますが、お寺が年末に貧しい人を集めておそばをふるまったところ、その人達は翌年運が向いてきたためそのような習慣ができたとか、そばが細く長いことにちなんで延命や幸せが長く続くことを祈る縁起物とされ、さらに切れやすいそばを食べて一年の災厄と縁を切るとの意味もあり、全国に伝わる話はさまざまです。

2020年6⽉号

「新型コロナ対策支援情報6月号」はこちら

2020年5⽉号

「新型コロナ対策支援情報5月号」はこちら